内閣総理大臣 安倍晋三 様

安全保障関連法案の強行採決に抗議します。
わたしたちは、安全保障関連法案に反対し、
衆議院特別委員会における強行採決を認めません。


 2015年7月15日、衆議院特別委員会で安全保障関連法案の採決が行われました。総理大臣が「国民の理解が得られていない」との認識があるにもかかわらず、議論を打ち切り、採決を強行したことは許されることではありません。
 選挙によって選ばれ、多数派となった与党としては、民主主義の原則では当然のことと考えておられることでしょうが、これは正義に反する暴挙です。正義とは、決められたことを守るということです。それは憲法を守るということです。自衛隊が他国と軍事行動を共同することはあってはならないことです。
 集団的自衛権容認の上に立ったあらゆる法律改正は、近い将来に大きな禍根を残します。米国との関係強化は、抑止力を強めるどころか、戦争ができる国へと向かわせることにつながり、日本の安全が高まるとは到底考えられません。日本の周辺諸国、世界のあらゆる国々との信頼関係を培っていくことこそが今日本政府のなすべきことです。
 70年前、敗戦した日本は、日本国憲法によって戦争を放棄する決意を表明しました。多くの人々の流された血の上にある平和憲法を踏みにじるような愚行は止めて下さい。私たちは、これらの法案を廃案とすることを強く求めます。
 今回の安全保障関連法案を廃案として下さい。

「剣をさやに納めなさい。剣を取るものは皆、剣で滅びる。」 
(聖書)

2015年7月16日
日本バプテスト同盟理事会
理事長 山本 富二


HOME


all copy rights reserved by Japan Baptist Union,2002,2003